自分なりにPythonの開発環境を構築してみる

Pythonを触りたいと思う

n番煎じなのは気にしない
とりあえず手持ちのMacに入れる. 広大なインターネットの海を調べた感じ

  • python2.xにするかpython3.xにするか
  • 必要に応じてパッケージを適宜入れてやる
  • IDEみたいなのもある

macならpyenvを使えば異なるバージョンのpythonを管理するのが楽とのことなのでそれに従ってみる.
pyenvはhomebrewというパッケージマネージャーを使うとインストールできる,まずはhomebrewを入れる

無事homebrewがインストールされたらターミナルから叩いてpyenvをいれる

今回はanacondaという科学技術計算に用いられるパッケージがまとまったやつをいれる.
.dmgインストーラがあるようだが,今回はpyenvで管理したいのでこれもターミナルを叩いてanacondaをインストールする.

と叩くとpyenvがインストールできるpythonがズラッと出てくるのでこのなかからほしいpythonを入れる.
今回はPython3.xを入れる予定なので,Python3.x系の最新のanacondaを入れる(この時の最新は2.4.0のよう)

MacはシステムにもデフォルトでPythonが入っているので,これを使い分けられるようにしておく.
ホームディレクトリにある.bach_profileを開いて

と書いておく,注意することとして,これらのPATHが/usr/local/bin/usr/binより先に記述されているようにする. そうしないとデフォルトで入っているPythonしか見てくれなかったので注意.
入っているPythonを確認する方法は

という感じで2つ出てくるはず(他にもPythonを入れていたら多分もっと出てくる)左側の*が付いているのがターミナルから呼ばれた時に使われるPythonとなるので,この状態で

と叩くと

と返ってくる.

と叩くことで呼ばれるPythonを変更することができる.
この後に再びPythonのバージョンを確認すれば

となっており,

と返ってくる.戻したければ,pyenv globalのあとにsystemと書きなおせばよい.

anacondaを入れたらspyderというIDEが一緒に入ってきたのでこれを使ってしばらくはPyhotnを触ってみようと思う.

もっといい方法やアドバイスがあればコメント等でぜひよろしくお願いします.

2016/05/16追記

Windowsの場合

つべこべ言わずインストーラを落としてぶっ込め!

参考にした記事やサイト

はてなブログでよく使うMarkdown記法(+はてなブログ記法)のまとめ – Noblesse Oblige 2nd by iGCN
Markdown記法 おすすめエディタ[3/3] – はしくれエンジニアもどきのメモ
Markdown記法まとめ(見出し、段落、改行、水平線、強調、引用、コード)[1/3] – はしくれエンジニアもどきのメモ
はてなブログで「Markdown記法一覧」を書いてみるテスト – そっと、はてなブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です